スリップフォーム

スリップフォーム工法

概要

スリップフォーム工法とは、
型枠(Form)をジャッキで押上げ、滑らせて(Slip)上昇させながら連続的にコンクリートを打設していく工法です。

用途・メリット

  • 用途
    RC塔状構造物(大型サイロ、超高煙突、ビルのコア 等)
  • メリット
    大幅な工期の短縮/経済的な工事費/
    高精度・高品質な構造物/万全の安全体制

超高煙突

施工フロー

1ベースプレート設置→2 免震装置取り付け→3完了